薬を飲んでいる男性

ヘルペスが発症すると、口や性器の周りにチクチクした強い痛みをともなう水ぶくれや潰瘍(びらん)ができます。そのまま放置すると1~3週間ほどで自然に治癒しますが、治るまでの間は不快な症状に悩まされ続けます。自然に治るのを待って痛みの症状を我慢し続けている人は少なくありませんが、病院で処方される治療薬を服用して治すことが可能です。治癒した後も病原体のウイルスは体の神経の中に潜んでいるので、免疫力が弱くなった際に再発する恐れがあります。治療薬であるバルトレックスは、再発予防にも有効であるという魅力があります。

ヘルペスの原因とバルトレックスの効果とは


性器や口の周りに強い痛みをともなう潰瘍ができるヘルペスは、ウイルスが原因で発症します。病原体は、単純ヘルペスウイルス(HSV)と呼ばれるウイルスで、1型と2型の2種類があります。1型のウイルスは成人になるまでにほとんどの人が感染していて、上半身(口唇)に発症するケースが多いことが知られています。2型のウイルスは、成人になった後に性交渉などを通して感染するケースが多く、下半身(性器の周辺)で発症することが多いです。ただし、1型と2型のウイルスが発症する部位(上半身と下半身)は明確に分かれている訳ではありません。

単純ヘルペスウイルスは、普段は神経の内部に潜んでいて活動を休止しています。神経に強い刺激を受けると増殖を開始しますが、この時に体の免疫力が弱くなっていると口や性器の周辺で痛みや痒みをともなう水ぶくれや潰瘍(びらん)の症状が出ます。治癒後も病原体が体内に潜んでいるので、何度も再発を繰り返す場合があります。

病原体であるウイルスが増殖することで、皮膚の表面に強い痛みのともなう水疱や潰瘍の症状が発症します。ウイルスが活動を再開した時に、増殖を抑えることで発症を防いだり、短期間で治癒させたりすることができます。細菌感染症の治療であれば抗菌薬(抗生物質)が用いられますが、抗生物質ではウイルスの増殖を抑えることができません。ウイルスの増殖を阻止するためには、有効な治療薬を投与する必要があります。

バルトレックスは、単純ヘルペスウイルスや帯状疱疹ウイルスの増殖を抑える効果のある治療薬です。ウイルスが活動を開始した時に薬を服用することで、体内で病原体が爆発的に増殖して症状が発症するのを防ぐ働きをします。

バルトレックスの有効成分はバラシクロビルと呼ばれる抗ウイルス薬で、薬を服用すると体内でアシクロビルに分解されます。体内でウイルスが増殖をする際に感染した細胞内でDNAの鎖が生成されますが、生成途中のDNAの鎖の中にアシクロビルの成分が取り込まれます。アシクロビルの分子構造はDNA鎖の材料であるデオキシグアノシン3リン酸とよく似ていますが、次の核酸を結合させるための官能基が付いていません。アシクロビル分子は片手しか付いていないため、次の核酸が結合できなくなることでDNAの伸長が止まります。DNAの複製が作成できなくなるため、ウイルスの増殖が抑えられます。

ウイルスが活動を開始して発症した時に、抗ウイルス薬を投与すると病原体の増殖を抑えられるので、短期間で治癒させることができます。発症前に治療薬を服用すれば、ウイルスが活動を開始したとしても皮膚症状が出るのを防ぐことが可能です。

バルトレックスは性器ヘルペスの治療だけでなく、再発を防ぐ目的で予防投与をする方法でも用いられています。長期間にわたり毎日薬を服用し続けることで、再発を防ぐ効果があります。再発抑制の目的で予防投与する際は、治療時よりも少ない量を服用することになります。海外で実施された臨床試験によると、バルトレックスを使って予防投与をすることで再発リスクが71%も低下したというデータが存在します。日本国内の医療機関でも、性器ヘルペスの再発抑制のために処方されています。

バルトレックスは発症後のヘルペス治療だけでなく、予防のためにも安全に用いることができるというメリットがあります。錠剤タイプの飲み薬なので、1日1錠を毎日飲むだけで簡単に再発を予防することができます。バルトレックスはウイルスの増殖を抑える働きがありますが、抗生物質のように腸内細菌に悪影響を及ぼす心配はありません。このため、薬を飲んでも下痢などの消化器系の症状が出にくいという利点があります。バルトレックスの有効成分は病原体のウイルスにのみ効果を発揮するので、再発予防のために毎日飲み続けても副作用が出にくくて安全性が高いといえます。